家計簿の光熱費はテンプレートで管理&光熱費節約の裏技を紹介

うり家計簿の光熱費管理表


スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
うり

うり

30代前半の専業主婦。夫、娘(1歳)と3人暮らし。現在、第2子妊娠中。 シンプルでオシャレなうり家計簿で手取り20万円でも1年間で100万円貯金に成功! 楽しくお家のことを管理し、黒字家計システムを作って明るい未来を手にする方法を紹介しています♡

こんにちは、うりです。

 

早速、「うり家計簿の予算シートをダウンロードしました~」という声をいただき、やる気アップしております( *´艸`)うれしい♡

うり家計簿の予算シート

 

▼うり家計簿の予算シートの使い方とダウンロードはこちらから♡

予算の立て方はシンプルなノートに書くだけ!家計簿を見える化しよう

2017.11.12

 

 

 

 

では、今日の本題に移ります。

 

家計簿の光熱費の付け方で、こんな悩みを抱えたことはありませんか?

 

例えば、「1月光熱費」の欄には1月の使用料(2月引落し)を書くのか、1月に引き落とされる金額(12月使用料)を書くのかどっちを書けばいいの~??といった悩みです。

 

わたしも世間ではどうなのかといろいろ調べてみましたが、自分の好みの問題で特に決まった書き方はないようでした。

 

 

なので、ここではうり家計簿のやり方を紹介します!

 

 

うり家計簿では、年間の光熱費使用料の平均金額を毎月固定費として「支払専用口座」に入金しているので、結論から言うとその月の使用料を記入します。

 

わたしは年間の光熱費を把握しやすいように、自作のテンプレートで管理しているので、今日はこの光熱費管理表の使い方とわたしが実践している光熱費節約の裏技を紹介します。

おうちじかん.comのうり

光熱費管理表のテンプレートの無料ダウンロードは最後にあります♡

 

▼うり家計簿のやり方はコチラからスタート♡

家計簿の予算の目安を知るためにまずは資料を集めよう

2017.11.10

 

スポンサーリンク

 

光熱費管理表の書き方

▼うり自作のシンプルなテンプレート!4年分記入できるようになっています。

うり家計簿の光熱費管理表

【光熱費管理表の書き方】

  1. 水道、ガス、電気のそれぞれの明細が届いたら、この表に記入します。
  2. 毎月、水道、ガス、電気の使用料の合計を計算します。
  3. 1年の最後に、その年の平均金額を計算して、翌年の予算の参考にします。
  4. 【MEMO】には光熱費にまつわる出来事(家族が増えた、家電を買い替えたなど)を記入します。

 

 

 

うり
光熱費管理表を付ける目的は、年間の平均使用金額を把握するためです!

 

「今月は多かったなぁ」「今月は安くなった♡」と一喜一憂するためのものではありません。

 

春と夏とでは夏の方がエアコンを使うので電気代が多いなど、季節によって光熱費は変動するものなので、多くなったり少なくなったりするのは当たり前なのです。

 

そんな光熱費の変動に振り回されないよう、わたしは年間の平均使用金額を固定費として予算に立てています!

 

うり
この方法を実践してから、明細が来ても落ち込んだり喜んだりすることがなくなりました!

 

我が家の光熱費公開!!

せっかくなので、光熱費管理表に書いた我が家の2016年と2017年の光熱費を公開します!

 

うり家計簿の光熱費管理表

2017年は、家族が増えたこともあり、年間平均が3000円近く増えています。

 

うり
こんな感じで、ぜひご家庭の光熱費を把握してみてくださいね~♡

 

 

光熱費節約の裏技を紹介

裏技というほどのものではありませんが(笑)

わたしが実践している光熱費節約の裏技を紹介します!!!

 

 

  • 電気の契約アンペアを見直す。

⇒多すぎるアンペアは基本料金がもったいないです!ちなみに我が家は20Aで足りています。

 

  • 電気をLEDに変える

⇒全部一気に変えなくても、よく使う部屋(リビングなど)から変えていったり、交換する際にLEDに変えてもいいと思います。

 

  • エアコンは細めに消さない

⇒エアコンはちょこちょこ消すと、かえって電気代が高くなるので。

 

  • エアコンのメーカーに「冷房」と「ドライ」ではどちらが電気代が安いか問い合わせる。

⇒我が家では「ドライ」だったので、夏場は「ドライ」を使用していました。

 

  • お風呂やシャワーの給湯温度は夏場は下げる。

 

うり
みなさん、もう実践されていることが多いかもしれませんが、わたしの節約術は毎日が疲れない節約を目指しています!

 

まとめ

光熱費管理表はいかがでしたか?

 

冒頭でもお伝えしましたが、うり家計簿では、年間の光熱費使用料の平均金額を毎月固定費として「支払専用口座」に入金しているので、光熱費管理表を使って把握しています。

 

明細が来たらただ書くだけなので、管理が本当に楽になりました!

 

光熱費も「見える化」するだけで、家庭の状況がよく分かるので、光熱費管理シートを書くことは本当にオススメです!!

 

うり
みなさんの光熱費節約の裏技があれば、ぜひ教えてくださいね~♡

一緒に、家計管理を楽しみましょう!!

 

 

光熱費管理表の無料ダウンロード

ではでは、お待たせしました!!

 

光熱費管理表のダウンロードはこちらからです(A4サイズ)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

光熱費管理表

 

うり
ぜひ、このシンプルな光熱費管理表でご家庭の光熱費を把握してみてくださいね♡

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました♡

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


うり家計簿の光熱費管理表

ABOUTこの記事をかいた人

うり

30代前半の専業主婦。夫、娘(1歳)と3人暮らし。現在、第2子妊娠中。 シンプルでオシャレなうり家計簿で手取り20万円でも1年間で100万円貯金に成功! 楽しくお家のことを管理し、黒字家計システムを作って明るい未来を手にする方法を紹介しています♡